ホワイトホステル心斎橋

ホテル事業

「ホワイトホステル心斎橋」

訪日外国人旅行客の増加にともない宿泊施設不足の問題が深刻化する中、宿泊費の高騰も大きな課題となっております。その課題を払拭できる不動産開発はないものかと考えている中、それらを補う新たな宿泊形態、また訪日外国人旅行者にも受け入れられやすいホステル事業に注目し、開発を検討してきました。

ホステルとは、旅館業法の認可のもとで、客室は個室や相部屋となるドミトリールームを備えた施設です。一人当たりの宿泊費が3,000円前後とリーズナブルで、宿泊者同士の交流に適したリビングスペースを設けている、などの特徴があります。元々はヨーロッパで始まった宿泊施設形態で、その歴史は100年以上とも言われており、今では世界各国でバックパッカーや留学生、外国人旅行者などが安く滞在し、出会いや交流を深める場所として、重宝されております。

また、心斎橋エリアにおける当社所有遊休不動産の活用方法について、ちょうど模索していたこともあり、早速リノベーション工事に着手。2017年12月に開業し、現在では日本人のみならず世界各国からの旅行者を受け入れております。

所在地 大阪市中央区東心斎橋1-6-20
構造・規模 RC造 3階建て
総ベッド数 86台
開業 2017年12月

ファサード

エントランス

共用ラウンジ

ドミトリールーム

共用洗面スペース

ランドリールーム